透析看護認定看護師について

大きな希望と夢を持って看護師になる女性は大勢います。 けれども現実の壁にぶち当たってしまい退職してしまう看護師も多いのも現実です。 しかしながら看護師不足は大きなテーマになっており、今後求人がますます増える分野であるのは間違いないでしょう。 ところで、透析患者様は日本全国で約26万人いるといわれており毎年1万人程度のペースで増え続けています。

ここでは、透析看護認定看護師についてのご説明をしたいと思います。 透析療法を受けている患者様の一番近くにいる看護師がより専門的な知識をマスターすることによって不安定になる傾向が強い患者様のメンタルケアを支えてあげることができます。
透析看護師に強い求人サイトは?

透析看護認定看護師の仕事は「臨床判断に基づいて患者様の個別ケアをメインとした安全な透析スキルを行うこと」が求められているからです。 透析療法は腎不全患者様の看護経験や知識が不可欠だと言われています。

さらに病院内では、その他の医療活動を行っているスタッフに指導したり相談を受けたりしながら透析スキルのクオリティーアップのために貢献しなければなりません。 透析治療はずっと長く続けて行かなければなりませんから長い繋がりの中で治療方法のコーディネイト力や細かいケアも求められます。

透析治療を受けている患者様は個人個人状況が違っているので看護するにあたり透析技術が完璧に行われるように対応する必要もあります。 「透析」「腹膜透析」「移植」と3種類の透析療法の選択肢があります。

患者様は自分で、どの透析療法を受けるのかを自分で決めなければなりません。 「透析看護認定看護師」は患者様やご家族へ詳しい説明をしながら看護の質的な向上を目指す必要があるやりがいのある仕事です。

以上、透析看護認定看護師についてのご説明をいたしました。 平成19年の段階で、透析看護認定看護師は日本全国で37名だけ日本看護師協会に認定されています。 まだまだ不足しているのは人数から見ても明らかです。